• ホーム
  • ハゲを前向きにとらえるのも大切

ハゲを前向きにとらえるのも大切

ハゲに対してマイナスイメージを持っている人が大半です。
特に男性の場合、どんなにハンサムでお金持ちだったとしても、ハゲとだけは結婚したくないとまで思われている程です。
その為ハゲの男性は、一生懸命ハゲを治療しようと、色々な対策を練っています。
仕事中でも常に頭を刺激して、髪の毛を生やそうとするのは、まさに涙ぐましい努力です。

しかし生来から頭がハゲていることもありますので、なかなか治療といっても一筋縄ではいきません。
手っ取り早く隠す方法として、カツラもあります。
しかし、カツラだと夏場は蒸れますし、よっぽど品質の良い物でない限り、どうしても生え際が不自然に見えてしまい、周囲の人にばれてしまいます。
カツラがばれてしまうこと程ハゲの人にとってショックなことはありません。

そもそもどうしてそれ程までにしてハゲを治療しようとしているのかというと、とにかくハゲイコール格好悪い、モテないというイメージを持つ日本人が多すぎるからです。
今は髪の毛がフサフサしている男性であったとしても、ある日突然思春期の娘にハゲ親父と罵られるのを想像すると、泣くに泣けません。
結婚前の男性の場合、ハゲのせいで女性になかなか話しかける勇気がないということで、婚期を逃してしまうことにも繋がってしまいます。

更に会社で働いている男性の場合、会社の女性達に軽く馬鹿にされ、陰口を叩かれてしまうということもあります。
更に物理的な面で言えば、冬はとても頭が寒く、風邪も容易にひいてしまうという弊害もあります。
首はマフラーで防寒できますが、頭の場合は帽子でもかぶらない限り、なかなか防寒できない場所であるのが辛いところです。
サラリーマンの場合、なかなかスーツ姿に毛糸の帽子をかぶるというわけにもいきません。

このように、「ハゲ」イコールマイナスと考えている人は非常に多いものです。
しかしこういった負のイメージを転換していかない限り、どのような治療をしても決して心の満足は得られないでしょう。

特徴があると初対面の人にも覚えられやすい

ハゲを無理やり何とかして治そうとするのではなく、むしろ前向きにとらえて明るく振る舞う方が、余程精神衛生的にも良いと言えます。
良くも悪くもハゲの人は初対面の人にも覚えられやすいということが言えます。
初対面の人に覚えられやすいということは、打ち解けるのも早いということです。
それは仕事の上でもお見合い等の婚活の上でも、普通の人より有利に働くことだって十分にあるでしょう。

このようにハゲをプラスに前向きにとらえて振る舞っていくと、自然と気持ちも明るくなっていきます。
気持ちが明るい人の周りには、自然と人が集まってくるものです。
なのでハゲを隠してコソコソしているよりは、むしろ隠さずに堂々と振る舞った方が、何事も上手く事は回っていきます。
ハゲにコンプレックスや後ろめたさを感じて隠している人は、どうしても行動が挙動不審なものとなってしまい、近寄りがたいオーラを放ってしまいます。
それでは人は集まりません。

ハゲというのをメリットに考えて、商売を成功させてしまうことだって出来ます。
例えばハゲおじさんの店という名前の飲食店を開業して人気店になれば、ビジネス面では大きな成功を手に入れたと言えるでしょう。
飲食店に限らず何らかの店を開業する場合、その店に他の店にはない特徴がなければなりません。
ハゲ頭の人が店主の場合、初対面のお客様にインパクトを与えることが出来、そのお店に店主の人柄等といった他のメリットがあれば、口コミでも広まっていくことでしょう。

このようにハゲというのはデメリットばかりではなく、メリットも同じ位沢山存在しています。
物は何でも考えようです。前向きに明るくとらえることで、今の生活をより幸せなものとしていくことが出来ます。