• ホーム
  • 脂漏性皮膚炎が原因の脱毛にはケトコナゾール

脂漏性皮膚炎が原因の脱毛にはケトコナゾール

脱毛にはさまざまなことが考えられますが、そのひとつが炎症を起こして発生する脱毛があります。
炎症もいくつかの種類がありますが頭皮の脱毛に見られるのが脂漏性皮膚炎です。
脂漏性皮膚炎とは毛穴でマセラチア菌などの常在細菌が異常に繁殖することで、このマセラチア菌は皮脂中に含まれている中性脂肪を分解する役目を果たしています。
皮脂が過度に分泌されることにより増殖し、分解された中性脂肪が刺激となって炎症が起こります。

マセラチア菌そのものは誰にでも存在するものであり、普段から清潔にしていたり頭皮の皮脂の分泌が正常である場合などは脱毛にはなりません。
しかし不潔になったり皮脂の分泌が何らかの理由で増えることによってマセラチア菌が増えて炎症を起こすようになる脂漏性皮膚炎になるものです。
脂漏性皮膚炎により頭皮環境が悪化すると毛穴から毛が生えてこなくなり、それが脱毛につながります。
脂漏性皮膚炎が軽症の場合には頭皮を清潔にすることで改善することが可能ですが、脱毛が発生している状態では、かなり状態が悪くなっている状態といえるものです。
このため医療機関で適切な治療を受ける必要があります。

治療としては、マセラチア菌など炎症のもとになっている菌を殺菌するほか、炎症を鎮める内服薬が処方されます。
また皮膚炎が起こっているとかゆみが生じ、そのかゆみによって掻いてしまいさらに状態を悪化させることになります。
抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤なども処方され、このほかビタミンBなど皮脂の分泌を抑制する栄養剤も処方されます。

殺菌を目的とする薬としてはケトコナゾールやニゾラールクリームが使われます。
このケトコナゾールとニゾラールクリームは抗真菌剤であり、真菌に対して効果的に殺菌します。
特に菌の中でも真菌はカビの一種で単なる雑菌と比べて繁殖力が強く一度繁殖すると通常の滅菌の方法では効果がありませんがこの抗真菌剤を使うことで滅菌することができ、脂漏性皮膚炎を治療することができるものです。

そもそも脂漏性皮膚炎が起こる原因について

脂漏性皮膚炎が起こる理由としては、代謝量の低下で30代から40代に入ると頭皮のフケが多くなったり、大きめのフケが頭皮にこびりつくようになります。
また頭皮だけでなく眉毛や鼻の両脇、鼻唇溝部やこめかみ、耳の裏側が赤くなったり油っぽい細い皮が付いていたりします。
フケ以外はそれほどかゆみを感じませんが、これらが脂漏性皮膚炎の症状です。

これらの部位は皮脂の分泌が盛んな部位であり、マセラチア菌が繁殖することで皮膚のコンディションが悪化していることで発生します。
軽度の場合には、かゆみもありませんから、単なる乾燥肌やフケと思って気にしない人も多くいますが、乾燥肌やフケと異なりマセラチア菌などのカビ菌が繁殖することで発生しているため、放置すると重症化する可能性があります。
ただ症状は体調によって大きく変わってくるもので重症化しない人もいますし、またストレスや病気などで免疫力が低下すると脱毛などに発展する場合もあります。

いずれにしても菌が繁殖することで発生しているため重症化すると自然治癒が難しいものです。
このためひどい状態になるとステロイドが使われることもあります。
ステロイドを使うことで代謝量を上げて皮膚の状態を改善することができます。
ただしこの場合には対症療法であり、根本的には炎症の理由となっているマセラチア菌を殺菌することで、このためにケトコナゾールやニゾラールクリームが使われます。

ケトコナゾールで殺菌することで皮膚炎を起こす理由を取り除くことで脂漏性皮膚炎の発症を抑えて頭皮環境を改善します。
なお、脱毛が発生している場合には治療に半年以上かかります。
これは皮膚の状態を改善するほか毛が生えてくることにも時間がかかるためです。

サイト内検索
人気記事一覧