• ホーム
  • 薄毛の原因に遺伝は関係しているのか

薄毛の原因に遺伝は関係しているのか

薄毛で悩む人の数は多く、中には遺伝だから仕方がないと諦めてしまう人もいるようです。
薄毛には遺伝的な影響が大きいとされており、父親や祖父が薄毛だった場合には子供も薄毛になる可能性が高いことが、多くの事例から確認されています。
昔は剛毛でフサフサだった人でも、一定の年齢になると髪が薄くなりハゲてしまうのです。
薄毛と遺伝の関係については科学的な根拠があり、具体的には男性ホルモンの分泌量が多い体質かどうかということが影響することになります。

男性の薄毛の多くは男性型脱毛症によるものであり、ジヒドロテストステロンという有害物質がその原因だとされています。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素と結びついて発生する物質です。
テストステロンそのものは有害な成分ではありませんが、ジヒドロテストステロンに変質すると薄毛や抜け毛などの症状を発症させることになります。
男性型脱毛症には生え際が後退するM型や頭頂部が薄くなる0型、さらにこれらが複合したMO型などの様々なタイプがあります。
男性の髪の生え際や頭頂部はもともとテストステロンの分泌が多い箇所であり、ジヒドロステロンが発生して薄毛や抜け毛などの症状が現れることが多いのです。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が多い人はジヒドロテストステロンを生成しやすくなり、加齢により薄毛の症状を発症することが多くなります。
テストステロンの分泌量には遺伝的な体質が大きく、父親や祖父が薄毛の人はテストステロンの分泌量が多い体質を受け継ぐため、結果として薄毛の症状があらわれやすくなるのです。
ただし遺伝的な体質であっても、必ずしも薄毛になるとは限りません。
薄毛を発症する原因についてはその他にも様々な要因が複雑に関連していますので、正しい予防策を心がければ薄毛の進行を遅らせることができるのです。
諦めずに積極的な薄毛対策に取り組んでみてください。

ハゲが身内にいなくてもスカルプケアはしっかり

昔はフサフサだった人が年をとるとハゲてしまうことには遺伝的な影響が大きく関連していますが、さらにその他にも様々な原因があります。
薄毛の原因となる大きな要因は、頭皮(スカルプ)環境の悪化です。
頭皮の毛穴には髪を生み出す毛母細胞があり、毛母細胞が活発に働くことで太くて健康な髪を育てることができます。
一方で頭皮環境が悪化すると髪に必要な栄養成分が不足しがちとなり、髪が細く抜けやすくなってしまうのです。

頭皮の血流を改善することが、スカルプケアの重要なポイントになります。
髪に必要な栄養成分は血液により毛母細胞へと運ばれますので、頭皮の血行を改善して必要な栄養成分をしっかりと行き届けることで、薄毛の症状を改善することができるのです。
具体的には頭皮のマッサージが効果的となります。
入浴時にぬるま湯で髪全体を濡らして、指の腹で頭皮全体を揉みほぐしてみてください。
生え際から頭頂部へ、側頭部から頭頂部へと、丸く円を描くようなイメージで優しくマッサージをしましょう。

さらに薄毛対策に本格的に取り組みたい人には、育毛剤の活用をおすすめします。
近年では様々な育毛剤が発売されているのですが、スカルプケアのためには頭皮環境を改善する成分が配合された育毛剤が最適です。
しっとりとした潤いを与えることで乾燥を防ぎ、適度な刺激を与えることで血流やリンパの流れなどを活性化することができます。
さらに余分な皮脂の分泌を抑えることで毛穴の詰まりや雑菌の繁殖などを予防し、頭皮環境を清潔に保つ効果なども期待することができるのです。
頭皮環境の改善は様々な薄毛の症状に共通する効果的な対策になりますので、遺伝的な体質の人もそうでない人も積極的に取り組んでみてください。